FOLLOW US

UEFAもイングランドのボイコットに参加…4月30日〜5月3日に全SNSを停止

UEFAがSNSボイコットを発表 [写真]=Bongarts/Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は29日、全てのソーシャルメディアでの活動を4月30日(イギリス時間15時)から5月3日(同23時59分)にかけてボイコットすることを発表した。

 今月24日には、FA(イングランドサッカー協会)やプレミアリーグなどが、SNS上で蔓延する人種差別や誹謗中傷への抗議として、同じ期間にTwitterやInstagramなど全てのSNSの活動を一時停止することを発表。UEFAもイングランドサッカー界のボイコットに参加する形となった。

 UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は声明で、「ピッチとソーシャルメディアの両方で暴言が吐かれている。これは受け入れられないことであり、公的機関や立法機関、大手ソーシャルメディア企業の助けを借りて止める必要がある」とコメント。

「憎しみの文化が罰も受けずに育つのは、サッカー界だけではなく、社会全体にとって非常に危険なことだ」と主張し、「だからこそ、この取り組みを支援します。今こそサッカー界が立ち上がる時です。選手やクラブ、サッカー関係者が示した連帯に感銘を受けています」とボイコット支持の姿勢を示した。

 さらに「選手、クラブ、各国協会のみなさんには、選手、監督、審判、役員が容認できないツイートやメッセージの被害に遭った場合、正式に苦情を申し立てることを勧めます」と呼びかけ、「匿名性によって隠れて有害な思想を吐く卑怯者たちには、もううんざりです」と語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO