FOLLOW US

ドイツがニャブリ弾で逃げ切りルーマニアに辛勝…W杯予選2連勝を達成

ニャブリの先制ゴールが決勝弾となった [写真]=Getty Images

 カタール・ワールドカップ欧州予選のグループJ第2節が28日に行われ、ルーマニア代表とドイツ代表が対戦した。

 両チームはともに初戦を白星スタート。ルーマニアは北マケドニアを3-2で下し、ドイツはアイスランドに3-0と快勝を収めている。この試合はルーマニアのホームで開催され、注目されるドイツの前線には、セルジュ・ニャブリ、カイ・ハフェルツ、レロイ・サネがスタートから並ぶ形となった。

 試合は序盤からアウェイのドイツがチャンスを作る。9分、右サイドからハフェルツが抜け出して一対一を迎えるも、左足のシュートはGKにセーブされる。すると続く16分には、ハフェルツが再びエリア右でボールを持つと、今度は右足で中央へのラストパスを選択。これをニャブリが右足で流し込み、ドイツが先制に成功する。

 その後もルーマニアゴールを脅かすドイツは、19分にジョシュア・キミッヒが強烈なシュートを放つとこれがバーを弾く。さらにキミッヒ、ニャブリ、エムレ・ジャンらが次々とシュートで追加点を狙うも、これはルーマニアの固いブロックに阻まれ得点とはならず。前半は1-0で終了する。

 後半に入ってもルーマニアを攻め立てるドイツは、50分に中盤から駆け上がったレオン・ゴレツカが右足で狙い、ルーマニアGKを強襲する。一方反撃したいルーマニアも、55分にエリア内でこぼれたボールにフロリン・タナセが左足を振り抜くも、これはわずかにゴールを外れた。

 その後は、ニャブリやティモ・ヴェルナーの決定的なチャンスをGKフロリン・ニタの好セーブでしのいだルーマニアが同点ゴールを奪いにいくも、ドイツの守備を前にゴールに迫ることはできず。両者ともに攻撃の決め手を欠き、得点が生まれることなく試合はこのまま終了した。

 追加点を決められなかったドイツだが、無失点で逃げ切って開幕2連勝。一方のルーマニアは今予選初黒星となった。

 次節は31日に行われ、ルーマニア代表はアウェイでアルメニア代表と、ドイツ代表はホームで北マケドニア代表と対戦する。

【スコア】
ルーマニア代表 0-1 ドイツ代表

【得点者】
0-1 16分 セルジュ・ニャブリ(ドイツ代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO