FOLLOW US

アルビレックス新潟シンガポールが開幕戦を3ー1で飾り、白星スタート!

 アルビレックス新潟シンガポールが所属するシンガポールプレミアリーグ(SPL)が、2021シーズンの開幕を迎えた。

 開幕戦の相手は2020シーズンで優勝を決めた一戦と同じくホーガン・ユナイテッドFC。昨季、アルビS得点王の土井智之や過去に2シーズン所属した山崎海秀が加入し、よりアグレッシブなチームへとなっていることが予想された。

 試合開始後、注目の立ち上がりはやや緊張した様子の選手たち。練習時のようなテンポでボールを動かすことができなかったが、積極的なミドルシュートでゴールを狙うと、次第に試合のペースを手繰り寄せていく。

 迎えた前半23分、敵陣中央付近で永澤竜亮がファールを誘うと、このFKを坪井清志郎が直接狙う。低く強烈なシュートは相手GK正面に向かったが、抑えきることができず後逸。ボールはゴールラインを割り、アルビSが先制に成功する。

 守備においては知久航介が広くスペースをカバーし、土井を中心としたホーガン攻撃陣に睨みを効かすと、手塚貴大や山下柊哉も体を張ってボールを回収する。すると39分。多くの日本人と同様、SPLデビューとなったニッキー・メルヴィン・シンのミドルシュートからCKを得ると、知久の素晴らしいボールにフリーで待ち構えていた手塚がヘディングシュート。ゴールネットを揺らしリードを2点に広げる。

 しかしそのすぐ3分後、気を緩めてはいけないと痛感するシーンがやってくる。スピードに乗ったカウンター攻撃から最後はペナルティエリア付近でミドルシュートを許すと、GK古賀貴大の手をかすめてゴールへ。決して集中を切らしたわけではなかったが、シンガポール人選手の身体能力やポテンシャルの高さに対応しきることができなかった。

 後半に入り、同点ゴールを狙うホーガンは交代で入ったブラジル人FWジルベルトにボールを集める。前半同様、山下、手塚を中心に対応にあたるが、初めて対戦する大型センターフォワードにうまくボールを収められてしまう。

 疲労も見え始め、良いリズムでボールを回すことができないアルビSは、76分に永澤がファールを受けた際に負傷するなど、嫌なムードが漂い始める。しかしすぐさまその空気を払拭し、勝負を決めたのは坪井だった。右サイドで受けた橋岡和樹の素晴らしいクロスに走り込んでダイビングヘッド。練習を重ねていた形から完璧なゴールを決め、再びリードを2点とした。

 この後は危なげなく試合を締めたアルビS。3ー1で開幕白星スタートを切った。次節は中3日でヤングライオンズとアウェイで対戦となる。


2021 SPL第1節(ホーム)

【日時】
2021年3月13日(土) 19:30キックオフ

【対戦相手】
ホーガン ユナイテッドFC

【会場】
ジュロンイーストスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール:3
ホーガン ユナイテッドFC:1

【アルビレックス新潟シンガポール得点者】
26′ 坪井 清志郎
39′ 手塚 貴大
86′ 坪井 清志郎

■次節の予定
2021 SPL第2節(アウェイ)
2021年3月17日(水) 19:45キックオフ
vs ヤングライオンズ
@ジャラン べサル スタジアム

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO