FOLLOW US

ポルトがユヴェントスとの大激戦を制す!…退場者を出すも、延長戦の末に金星

2021.03.10

ユヴェントスを下したポルト [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦セカンドレグが9日に行われ、ユヴェントスポルトが対戦した。

 試合は17分、ポルトが右サイドで起点を作ると、ムサ・マレガのクロスに対してメリフ・デミラルがメフディ・タレミを倒してしまい、PKの判定に。ポルトはセルジオ・オリヴェイラがきっちりと決め、19分に貴重なアウェイゴールを奪う。

 最低でも2点が必要となるユヴェントスは、後半立ち上がりの49分、ステファン・ボヌッチがクリスティアーノ・ロナウドに浮き球のパスを送ると、起点となったC・ロナウドの落としをフェデリコ・キエーザが右足で決め、1点を返すことに成功する。

 すると続く53分、ゲームの流れを大きく左右するアクシデントが発生。ファールの笛が鳴った後にポルトのタレミがボールを大きく蹴り出すと、この行為に対しこの日2枚目のイエローカードが提示され、タレミは退場処分となった。ポルトはここから1人少ない中での戦いを強いられることとなる。

 そして63分、フアン・クアドラードが右サイドからアーリーぎみのクロスをあげると、ピンポイントで届いたボールにキエーザが頭で合わせ、ポルトのゴールを破る。ユヴェントスがこのゴールでついにスコアをタイに戻した。

 1人少ないポルトを相手に3点目を狙うユヴェントス。しかしポルトの堅守に苦しみ、スコア変わらず終盤に差し掛かると、90+1分にはアルトゥールのパスに抜け出したアルバロ・モラタが一対一を制してゴールを揺らすも、これはVARによりオフサイドの判定に。90+3分には、カットインしたクアドラードが左足で狙うも、これはクロスバーに弾かれた。

 試合は2-1で延長に突入すると、ゲームは両チームのヒートアップと体力の消耗に伴い、ファールが連発する荒れ気味の展開に。両者決め手を欠いたまま延長後半を迎えると、115分、ポルトはS・オリヴェイラが自ら獲得したFKを右足で狙うと、壁の下を抜けた地を這うようなボールがゴールへと吸い込まれた。延長戦で貴重なアウェイゴールを奪う。

 2点が必要になったホームのユヴェントスは、直後の117分、CKにアドリアン・ラビオが打点の高いヘディングで合わせる。ドンピシャリのボールから放ったシュートがゴールに突き刺さり、すぐさま1点を返した。

 しかし試合はこのまま終了。アウェイゴールで勝ったポルトが勝利し、準々決勝への進出を決めた。

【スコア】
ユヴェントス 2-1(延長:1-1, 2試合合計:4-4) ポルト

【得点者】
0-1 19分 セルジオ・オリヴェイラ(ポルト
1-1 49分 フェデリコ・キエーザ(ユヴェントス
2-1 63分 フェデリコ・キエーザ(ユヴェントス
2-2 115分 セルジオ・オリヴェイラ(ポルト
3-2 117分 アドリアン・ラビオ(ユヴェントス

【PR】UCLはWOWOWが独占配信!
いつでも楽しめるオンデマンドがおすすめ!

WOWOWオンデマンド


「WOWOWオンデマンド」とは、テレビやBS視聴環境がなくてもWOWOWのコンテンツを月額2,530円(税込)で楽しめるお得で便利なサービスです。

  1. UCLは全試合ライブ&見逃し配信、UELも注目試合をライブ&見逃し配信!
  2. 「WOWOWオンデマンド」なら、いつでもどこでも好きなデバイスで視聴可能!
  3. スポーツ、映画、音楽、ドラマなど幅広いコンテンツが堪能できる!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO