FOLLOW US

ズヴォレDF中山雄太が今季2ゴール目を記録も…チームは最下位に敗北

今季2点目を挙げた中山雄太(写真は昨シーズンのもの) [写真]=Getty Images

 エールディヴィジ(オランダ1部)第23節が20日に行われ、DF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズヴォレとエメンが対戦した。中山はフル出場を果たしている。

 アウェイのズヴォレは先制を許したものの、40分にセットプレーを起点に同点に追いつく。ズヴォレはその後2失点し、1-3とエメンとの点差が広がる。

 2点ビハインドで迎えた88分、ズヴォレは右サイドでフリーキックを獲得。味方からのクロスが上がると、中山が高い打点からヘディングで叩き込みゴール。中山は今シーズン第3節以来となる2得点目を挙げた。

 そのまま試合は終了して、2-3でズヴォレはエメンに敗北。この結果、ズヴォレは4勝11分8敗の勝ち点「23」で13位、今シーズン初勝利を挙げたエメンは1勝6分16敗の勝ち点「9」で最下位の18位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO