FOLLOW US

鈴木優磨、今季13点目を記録…シント・トロイデンは2度のPK献上で敗れる

2021.02.07

鈴木優磨が今季13点目 {写真}=©STVV

 ジュピラー・プロ・リーグ第26節が行われ、シント・トロイデンとオーステンデが対戦した。

 新たに浦和レッズから橋岡大樹の加入が発表されたシント・トロイデン。今節ではエースとして君臨する鈴木優磨とGKシュミット・ダニエルが先発した。

 38分、オーステンデがFKを獲得。するとその流れからマクタオール・ゲイエが抜け出すと、左足でネットを揺らした。オーステンデが先制し、そのまま1-0で前半を折り返す。

 後半に入り59分、シント・トロイデンはハンドでPKを献上。相手のキックにシュミット・ダニエルは反応出来たものの、わずかに届かず。オーステンデが追加点を記録した。

 さらに73分にも再びペナルティーエリア内でのハンドを冒したシント・トロイデンは再びPKを献上。シュミット・ダニエルはファッション・サカラのシュートを弾いたものの、勢いを止められずゴールイン。オーステンデが3点目を奪った。

 試合終了間際の90分、右サイドを強引に突破したデュカン・ナゾンのクロスを逆サイドで走り込んできた鈴木が押し込んだ。今シーズン13点目となるゴールで1点を返した。

 試合はそのまま3-1で終了。鈴木とシュミット・ダニエルはフル出場。松原后は75分から途中出場した。

【スコア】
オーステンデ 3-1 シント・トロイデン

【得点者】
38分 マクタオール・ゲイエ(オーステンデ)
60分 マクタオール・ゲイエ(オーステンデ/PK)
74分 ファッション・サカラ(オーステンデ/PK)
90分 鈴木優磨シント・トロイデン

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO