FOLLOW US

背番号は「4」…DF橋岡大樹がシント・トロイデン入団会見「まずは自分の道をしっかりと」

橋岡が入団会見に臨んだ ©STVV

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)のシント・トロイデン(STVV)に所属するDF橋岡大樹が、4日に入団会見を行った。

 現在21歳の橋岡はアカデミー年代から浦和で過ごし、2017年に2種登録選手、翌年にはトップチームに昇格。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで31試合に出場し、1ゴールを記録し、2021年1月30日から2022年6月30日までという契約期間で、1月31日にシント・トロイデンへの期限付き移籍が発表された。

 橋岡は海外に挑戦した理由について「前々から海外に挑戦したい気持ちが強かったです。いつ出るかは悩んだが、このタイミングで出られることになったので、悩まずにチームに言った。自分のプレーをもっと世界で通用するか知りたかったし、自分の中で、日本を出て、世界の体の大きな人と一緒にやって、ここからもっとできるようになってW杯やCLに出たい気持ちがあったので、移籍を決めました」とコメント。

 また、移籍に際しては海外経験のある先輩に「海外でやるにあたり、縮こまる、コミュニケーションを取らない選手もいるが、そこが重要になると、チームにどんどん溶け込むことが重要と言われた。良さを知ってもらって、戦力として迎えてもらえるように頑張れ」とアドバイスをもらったことを明かした。さらに日本人選手も数多く在籍するSTVVへの加入にあたり、在籍選手からは「ベルギーは個人能力が高いと言っていて、簡単に出られないし、活躍するも簡単ではないから、来るのなら覚悟を持って」と言われたという。

 ベルギーでは個人能力がさらに高い選手との対峙となる。橋岡は「自分の強みである対人、アグレッシブさがどれだけ通用するか楽しみ。個人能力が高いのはもともと知っているので、そこでどれだけ通用するか楽しみ」と不安に思っていない。

 浦和でやり残したことについて問われた橋岡は「タイトルを獲りたかったですし、自分の中で試合には多く出させてもらったが、もっと自分の良さを出していけたらよかった」としつつ、「昨年の最後CBをやって、プロになってCBをやる機会があまりなかったが、良さを存分に出せた」と手ごたえも感じている。背番号は自身の好きな「4」。「中学、高校と4が好きでつけていて、プロでもつけたいと思っていたので、嬉しい。アグレッシブ、熱いプレーをこっちでも思う存分出せたらいいなと思います」とコメントした。

「他の選手はこうだったと言われるかもしれないが、まずは自分の道をしっかりと持って行きたい」と語る橋岡は起用されるポジションについて次のようにコメントした。

「まずはCBで成功している人が少ない中、身長の部分で大きな選手、強い選手が欧州は多いが、そこが一つの壁だと思う。そこはプレーをやっていくごとに、大きくなくても強い、負けないところを見せられれば、全然できると思う。どこのポジションでやるか、CBでやりたいと思っているし、今後も考えたい。ただ、チーム状況によってはワイド、サイドのポジションをやることもあると思うが、そこはやってきた強みがあるので、しっかり対応していきたいです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO