FOLLOW US

スコットランドでC・ロナウド超えの記録…ウガンダ代表DF、到達点262cmのヘディング弾

C・ロナウドを文字通り“超えた”ムガビ [写真]=Getty Images

 マザーウェルに所属するウガンダ代表DFベヴィス・ムガビが、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのとある記録を超えたようだ。30日、マザーウェルの公式Twitterなどが伝えた。

 C・ロナウドは2019年12月18日に行われたサンプドリア戦の45分、左サイドからのクロスにジャンプしながら頭で合わせて2-1の勝利に貢献した。C・ロナウドは同場面で256センチメートルもの高さまで跳躍し、1.5秒間宙に浮きながらゴールを決めたとして、当時はその跳躍力が大きな話題を呼んだ。

 そんなC・ロナウドの記録を越えたのが、身長191センチメートルのセンターバックであるムガビだった。同選手は1月27日に行われたロス・カウンティ戦に先発出場すると、1-1で迎えた72分に左のコーナーキックに頭で合わせて今季2点目を記録。このゴールが決勝弾となって、マザーウェルは2-1で逆転勝利した。

 マザーウェルによると、得点の場面におけるムガビの最高到達点は262センチメートル。C・ロナウドのジャンプを6センチメートル上回ったようだ。また、ムガビの足は地面から75センチメートル離れており、これもC・ロナウドより4センチメートル高かったという。

 現在25歳のムガビはサウサンプトンの下部組織出身。ヨーヴィル・タウン(現イングランド5部)を経て、2019年夏からマザーウェルでプレーしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO