FOLLOW US

橋岡大樹、シント・トロイデンへ期限付き移籍!「浦和で培ってきたものを全力で出し切って…」

シント・トロイデンへの期限付き移籍が決定した橋岡大樹 [写真]=清原茂樹

 浦和レッズは31日、DF橋岡大樹がシント・トロイデン(STVV)へ期限付き移籍することでクラブ間合意に達したことを発表した。契約期間は2021年1月30日から2022年6月30日までと明かされている。

 現在21歳の橋岡はジュニアユース時代から浦和でプレーし、2017年に2種登録選手となると、翌年にトップチームに昇格。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで31試合に出場し、1ゴールを記録した。各年代別の日本代表にも選出され、2019年12月にはEAFF E-1サッカー選手権2019で日本代表デビューを果たしている。

 期限付き移籍に際し、橋岡は浦和の公式サイトを通じて以下のようにコメントを発表した。

「このたび、ベルギーリーグ1部のシント=トロイデンVVに期限付き移籍することとなりました。僕は、浦和レッズのファン・サポーターに出会うことができて、本当に幸せ者だと思っています。小さい頃から浦和の街で育ち、ジュニアユース、ユース、そしてトップチームの9年間、浦和レッズに育ててもらいました」

「ベルギーで苦しい時期があるかもしれませんが、そのときは浦和レッズのファン・サポーターのみなさんの顔を思い出して、がんばりたいと思います。ベルギーで、僕が浦和レッズで培ってきたものを全力で出し切って、ヨーロッパで活躍できるよう、がんばります。そして、僕は浦和という街が本当に大好きなので、絶対に恩返しをします。今後も、橋岡大樹、そして浦和レッズを応援よろしくお願いいたします」

 なお、シント・トロイデンにはGKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、DF松原后、FW中村敬斗、FW伊藤達哉の日本人5選手が在籍。今シーズンのジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)では24試合終了時点で7勝6分11敗、勝ち点「27」で15位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO