FOLLOW US

FIFA最優秀監督賞、最終候補3名が発表…フリック、ビエルサ、クロップ

最終候補の3名。左からマルセロ・ビエルサ、ハンジ・フリック、ユルゲン・クロップ [写真]=Getty Images

 国際サッカー連盟(FIFA)は11日、『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2020』の男子年間最優秀監督賞にノミネートされた最終候補者3名を発表した。

 11月25日に発表されていた候補者5名の中からリーズを率いるマルセロ・ビエルサ監督、バイエルンを率いるハンジ・フリック監督、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が最終候補に選出された。

 候補者は2019年7月20日から2020年10月7日までの功績に応じて、パネリストが選出。受賞者はファン、ジャーナリスト、代表監督および代表キャプテンの投票によって決められる。表彰式は12月17日にチューリヒで開催される。

 2018年7月からリーズの指揮を執るビエルサ監督はクラブをチャンピオンシップ(イングランド2部)で優勝させ、名門リーズを16年ぶりにプレミアリーグ復帰に導いた。

 バイエルンのフリック監督は2019年11月、シーズン途中からの就任となったが、ブンデスリーガ史上初の8連覇や7年ぶり6度目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝などに導いた。DFBポカールも合わせ、就任初年度で3冠を達成している。

 クロップ監督はリヴァプールを30年ぶり19回目の1部リーグ優勝に導いた。リーグ開幕から27試合無敗(26勝1分)で首位を独走し、リーグ記録に並ぶ「18」連勝も達成。また、獲得した勝ち点「99」はクラブ史上最多となっている。

 年間最優秀監督の候補者は以下の通り。※()内はクラブ/所属リーグ

マルセロ・ビエルサ(リーズ/イングランド2部→1部)
ハンジ・フリック(バイエルン/ドイツ1部)
ユルゲン・クロップ(リヴァプール/イングランド1部)

▼その他ノミネート
フレン・ロペテギ(セビージャ/スペイン1部)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード/スペイン1部)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO