FOLLOW US

アルビレックス新潟シンガポールが好調セイラーズ相手に会心の勝利!

 3試合で16ゴール。絶好調で順位を3位にまで上げてきたセイラーズと対戦する。シンガポール代表クラスの選手を多数そろえるセイラーズ相手だが、重富計二監督は「セイラーズ相手にもやることは変わらない。ここまできたらいかに選手をベストのコンディションで送り出すかが重要」とコメント。取り組んできたことに自信をもって試合に臨む。そして今節、ここまで怪我の影響で欠場が続いていた西口黎央が試合メンバーに戻ってきた。明るいニュースとともに佳境に差し掛かるタイトルレースにおいて重要な一戦に臨む。

 オープニングシュートを放ったのはアルビS。1分、FKのこぼれ球をファイロスがダイレクトでシュート。鋭いシュートがゴールへと向かうがキーパー正面でキャッチされてしまう。その後はお互いに後方でパスを回し様子を伺うシーンが続く中、12分。右サイドでイマン・ハキムがボールを受けると、左サイドへロングボールを送る。このボールを鎌田啓義が折り返すと土井智之がワントラップしてシュート。相手DFの股を抜いてゴールに流し込み、アルビSが欲しかった先制点を手にする。

 しかしこれでエンジンの入るセイラーズ。雨の影響を受けるピッチを物ともせず、技術力の高さを生かしてアルビSゴールに襲い掛かる。すると22分、自陣ペナルティエリア内でセイラーズの選手を倒してしまいPKを献上。これを決められ、すぐに同点とされてしまう。逆転を狙い、勢いに乗るセイラーズに守備に回るアルビSだったが、34分。相手のゴールキックを永澤竜亮がカット。土井のポストプレーを経て永澤はファイロス・ハサンへスルーパス。ファイロスは落ち着いてゴールに流し込み、アルビSが再びリードを手にする。前半このままのスコアで折り返したいところだったが、セイラーズは変わらず技術力を活かして突破を図る。アルビSはセーフティにクリアしながら試合を進めるが、44分、コーナーキックから失点してしまい前半を同点で折り返す。

 後半に入っても一進一退の攻防を見せる両チーム。お互いに決定機を作り出す。55分、セイラーズFWがスペースに抜け出し大川圭為との1vs1を迎えるが、大川が右足にシュートを当ててゴールを守る。続く66分、途中交代で約5試合ぶりの出場を果たした西口がドリブルで持ち込みスルーパス。土井が走り込んでシュートを放つが、セイラーズGKに防がれ勝ち越しゴールを奪うことができない。お互いにこの試合の重要性を理解しており、球際の激しさが増すなど白熱する一戦を再び動かしたのはアルビS。76分、右サイドでボールを受けた橋岡和樹が相手DFを交わしてクロス。スピードに乗ったボールがゴール前を横切ると、待ち構えていたのは花田康弘。力みのないボレーシュートでゴールに突き刺し、アルビSが三度目のリードを手にする。

 その後はセイラーズ相手に押し込まれるアルビSだったが、リードを守るために気迫溢れるプレーでゴールを死守。佐久間理央や武田航太朗を中心にチーム全体で鼓舞し合い、割り切ったプレーも見せながら時計の針を進める。そしてアディショナルタイム5分を回ったところでタイムアップの笛。3-2で試合を終え、大きな勝ち点3を手にした。接戦を勝ち切る強さを見せるアルビSはここからホームで3連戦。慣れ親しんだピッチで連勝し、2年ぶりのリーグ制覇へ突き進みたい。

2020 SPL第10節(アウェー)

【日時】2020年11月22日(日) 17:30キックオフ

【対戦相手】ライオンシティ セイラーズFC

【会場】ビシャンスタジアム

【スコア】
ライオンシティ セイラーズFC:2
アルビレックス新潟シンガポール:3

【アルビレックス新潟シンガポール得点者】
13’ 土井 智之
34’ ファイロス ハサン
77’ 花田 康弘

■次節の予定
2020 SPL第11節(ホーム)
2020年11月25日(水) 19:45キックオフ
vs ヤングライオンズ
@ジュロンイーストスタジアム

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO