FOLLOW US

ウクライナ代表、感染者続出でチーム全体が隔離…スイス戦が中止に

ウクライナ代表がチーム全体で隔離へ [写真]=Getty Images

 17日に開催される予定だったUEFAネーションズリーグ・グループステージ最終節のスイス対ウクライナ戦が中止となった。UEFA(欧州サッカー連盟)が同日に発表した。

 ウクライナ代表は先月の代表ウィークに続いて今月も新型コロナウイルスの感染者が続出。同国サッカー協会は17日、チームから新たにMFルスラン・マリノフスキー(アタランタ)ら3選手とフィジカルコーチ1名の計4名に陽性反応が出たことを発表した。それにより、同日にスイスのルツェルンで試合を行う予定だったが、地元保健局がウクライナ代表チーム全体の隔離が必要と判断したため、開催中止が決まった。UEFAの発表では、試合の取り扱いについては未定となっている。

 ウクライナ代表では、11月13日にMFアンドリー・ヤルモレンコ(ウェストハム)ら4選手とスタッフ1名の計5名に陽性反応が判明。ただ、翌14日には残りの選手全員に陰性が確認されたため、ドイツ代表との試合(1-3で敗戦)は開催されていた。その後、4選手の離脱に伴い、15日にはU-21チームから3選手を追加招集したが、16日に新たにDFエドゥアルド・ソボル(クラブ・ブルージュ)など3選手、続けて17日にも新たに4名の感染が判明した。

 なお、スイス代表も14日にDFシルヴァン・ヴィドマーとチームスタッフの計2名に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表。その他の全員は陰性が確認されたため、同日に行われたUEFAネーションズリーグ・グループステージ第5節のスペイン戦(1-1)は予定どおり開催されていた。スイスサッカー協会の発表によると、17日は代表チーム全員の陰性が確認されていた。

 ウクライナ代表はUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ4で2勝3敗の勝ち点6で3位。スイス代表は3分け2敗の勝ち点3で最下位に沈んでいる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO