FOLLOW US

サンマリノ代表、6年ぶりに公式戦で勝ち点獲得…アウェイ戦での完封は史上初

サンマリノとリヒテンシュタインの一戦はスコアレスドロー [写真]=Getty Images

 UEFAネーションズリーグ第4節が13日に行われ、リーグDのグループ2でリヒテンシュタイン代表とサンマリノ代表が対戦した。

 試合はホームのリヒテンシュタインが6割のボール保持率を誇った一方、シュート数はサンマリノが「16」と大きく上回る展開に。しかしながら、両チームとも決定力に欠いて、0-0のスコアレスドローで決着した。

 サンマリノは2016年11月15日に行われたEURO2016予選のエストニア代表戦(0-0)以来、約6年ぶりに勝ち点を獲得した。その間、サンマリノは親善試合を除いて「34」の公式戦を戦い、全敗。4得点146失点と散々な結果を記録してきた。

 アウェイ戦に限って見ると、サンマリノの公式戦での勝ち点獲得は2001年4月25日に行われた2002 FIFAワールドカップ 日韓大会の予選ラトビア戦(1-1)以来、約19年半ぶりの出来事に。また、公式戦のアウェイゲームでクリーンシートを達成したのは、代表が公式戦での活動を始めた1990年以降では初めてのことになる。

 サンマリノは、「近いレベルの代表チーム同士で競い合う」ネーションズリーグのシステムの恩恵を最も享受するチームの一つと言えそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA