FOLLOW US

三好康児が今季初ゴール! 全4得点に絡む活躍でチームの2連勝に貢献

ロイヤル・アントワープに所属する三好康児(写真は20年10月2日のメヘレン戦)[写真]=Getty Images

 ロイヤル・アントワープに所属している三好康児が、10月2日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第8節のメヘレン戦で今シーズン初ゴールを決めた。

 今季初のスタメン出場を果たした三好は、試合序盤の4分に早速ゴールを演出。右サイドを駆け上がり中央へ折り返すと、このクロスが相手選手のオウンゴールを誘発した。

 先制ゴールからわずか4分後、三好はワンツーからバイタルエリアへ侵入してダイレクトで左足を振り抜く。強烈な一撃がネットを揺らし、昨シーズン第7節のアンデルレヒト戦以来となるゴールを記録した。

 その後、43分には三好が右サイドをドリブルで突破し、マイナスのクロス。パスを受けたピーター・ゲルケンスのシュートは相手GKに阻まれるも、こぼれ球をディウメルシ・ムボカニが押し込んだ。アントワープは67分に1点を返されるも、78分には三好がフリーキックでチャンスを演出。三好のボールからディラン・バテュバンシカが放ったヘディングシュートは相手GKにセーブされたものの、こぼれたところをアブドゥライ・セックが押し込み、ダメ押し点を沈めた。

 全4得点を演出した三好はフル出場。日本代表合流前に好調ぶりをアピールした。同試合に4-1で勝利したアントワープは2連勝を記録し、8月30日に行われた第4節シャルルロワ戦以降は負け無しの状態をキープしている。次節は代表ウィーク明けの18日に行われ、アントワープは敵地でズルテ・ ワレヘムと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA