FOLLOW US

ゴールデンボーイ賞候補40名が発表…最も多く輩出している国は?

ゴールデンボーイ賞の候補40名が発表された [写真]=Getty Images

 イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名を発表した。

 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、過去にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシバルセロナ/2005年受賞)、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス/2013年受賞)ら、名だたる選手たちが受賞しており、ビッグスターへの登竜門として各国メディアの注目度も高い。

 今年の候補40名にも、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20歳)やノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20歳)、バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(17歳)など、将来のサッカー界を担うとされるヤングタレントたちが選出された。

 では、未来のスター候補生たちを最も多く輩出している国はどこなのか。また、前年度の候補40名と比べた場合には、どのような変化が見られるのか。調査、分析してみた。受賞対象がヨーロッパを主戦場とする選手だけとはいえ、各国の育成力を垣間見ることができるだろう。

▼9位

ドイツ (1名/前年比±0)
ポーランド (1名/前年比+1)
スウェーデン (1名/前年比+1)
ノルウェー (1名/前年比±0)
ウクライナ (1名/前年比±0)
ハンガリー (1名/前年比+1)
ウェールズ (1名/前年比+1)
ギリシャ (1名/前年比+1)
トルコ (1名/前年比±0)
アルジェリア (1名/前年比+1)
アメリカ (1名/前年比+1)

まずは、それぞれ1名が選出された国々から。ここでは11カ国が名を連ねたが、ヨーロッパの中でも北欧や東欧にカテゴライズされる国々、またアルジェリアやアメリカといった国がランクインを果たした。11カ国中7カ国が候補40名にノミネートされる選手を新たに輩出したというのも、興味深い。一方で、アジア勢からは1名も選出されなかった。

その他、前年にそれぞれ2名が選出されていたナイジェリアとセルビア、強豪国として知られるアルゼンチン、コロンビア、セネガル、メキシコなども、今年のリストから漏れた。育成の分野においても、豊作の年や不作の年があるとはいえ、地殻変動が起きつつあると言えるのかもしれない。

▼7位

スペイン (2名/前年比+1名)
カナダ (2名/前年比+1名)

それぞれ2名が選出され、7位にランクインしたのがスペインとカナダだ。スペインはファティとフェラン・トーレスマンチェスター・C/FW)が、カナダはアルフォンソ・デイヴィスバイエルン/MF)とジョナサン・デイヴィッド(リール/FW)が候補40名に名を連ねている。やはり目を引くのはカナダで、北米の新たな育成国として今後も注目されるはずだ。

▼5位

イタリア (3名/前年比±0)
ブラジル (3名/前年比+1)

5位にランクインしたのは、歴史と伝統ある2カ国だった。ブラジルは、2年連続で候補40名入りを果たしたロドリゴヴィニシウス・ジュニオール(共にレアル・マドリード/FW)に加えて、マルコス・アントニオ(シャフタール/MF)が新たに名を連ねた。イタリアは選出人数こそ変わらないが、選手の顔ぶれは3人とも異なる。今年はセバスティアーノ・エスポージトインテル/FW)、サンドロ・トナーリミラン/MF)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/GK)の3人が選考に残った。

▼3位

ポルトガル (4名/前年比+1)
オランダ (4名/前年比+1)

3位はそれぞれ4名が選出されたポルトガルとオランダだ。昨年はポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、一昨年はオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが「ゴールデンボーイ賞」を受賞。両国は安定して好タレントを輩出しており、今年もポルトガルからはファビオ・シルヴァ(ウルヴァーハンプトン/FW)、オランダからはモハメド・アミン・イハッターレン(PSV/MF)など、10代の有望株たちが候補40名に名を連ねた。

▼2位

イングランド (5名/前年比+1)

近年、ハイレベルな若手選手を次々に輩出しているイングランドが2位にランクイン。サンチョとフィル・フォーデンマンチェスター・C/MF)を筆頭に、昨季のプレミアでブレイクを果たしたメイソン・グリーンウッドマンチェスター・U/FW)とブカヨ・サカアーセナル/MF)、そしてカラム・ハドソン・オドイチェルシー/FW)の5名が候補40名入りを果たした。中でも、サンチョは今年の受賞が有力視されている。イングランド人選手として、2014年のラヒーム・スターリング(当時リヴァプール)以来の受賞なるか。

▼1位

フランス (6名/前年比-1)

今年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名に最も多くの選手を輩出している国はフランスだった。エドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ/MF)ら7名が選出され、2年連続で“最多選出国”となっている。過去の受賞歴を振り返っても、2013年のポグバ、2015年のアントニー・マルシャルマンチェスター・U)、2017年のキリアン・エンバペパリ・サンジェルマン)と、最多3人が栄冠に輝いており、まさに「育成大国」と言えるだろう。4人目の受賞者が誕生する日もそう遠くはないはずだ。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA