FOLLOW US

永里所属シカゴ・レッドスターズがNWSL杯準優勝…川澄は1得点、籾木は1アシスト

NWSLチャレンジ杯に出場した永里(左上)、川澄(右上)、横山(左下)、籾木(右下)[写真]=Getty Images

 NWSL(アメリカ女子サッカーリーグ)チャレンジカップ決勝が26日に行われ、ヒューストン・ダッシュとFW永里優季が所属するシカゴ・レッドスターズが対戦した。 なお、永里はケガの影響で決勝を欠場。大会を通じて2試合のみの出場となった。

 試合は開始5分にソフィー・シュミットがPKをゴール右隅に決めて、ヒューストン・ダッシュが先制。シカゴ・レッドスターズは14分にサバンナ・マカースキルがこぼれ球に頭で合わせたが、右ポストに当たって得点には至らず。

 その後は膠着状態が続いたが、後半アディショナルタイム1分に、抜け出したシェイ・グルームがGKもかわして無人のゴールに流し込み追加点。ヒューストン・ダッシュが2-0で勝利してNWSLチャレンジカップを制した。
 
 なお、今大会でスカイ・ブルーに所属するFW川澄奈穂美は6試合にフル出場して1ゴールを記録。レインに移籍したFW籾木結花は5試合に出場して1アシストをマークした。ワシントン・スピリッツに移籍したFW横山久美は4試合に先発出場したが、ノーゴールに終わった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO