FOLLOW US

J・フェリックスの弟がベンフィカとプロ契約締結!…“神童”の兄と同じキャリアたどる

ゴール後にボールボーイをしていた弟ウーゴ(右)とハグするジョアン(左)[写真]=Getty Images

 ベンフィカは23日、U-16ポルトガル代表MFウーゴ・フェリックスとプロ契約を締結したことを発表した。

 2004年生まれで現在16歳のウーゴは、アトレティコ・マドリードに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの弟で、2015年に兄と同じようにポルトからベンフィカの下部組織に移籍。2020-21シーズンからはU-17チームでプレーするという。神童と称された兄と同じキャリアをたどっているウーゴは自身のTwitterで「ベンフィカとプロ契約を結べて本当に嬉しい」とコメントしている。

 クラブ公式サイトによると、ウーゴはMFでもFWでもプレーできる万能な選手で、2019-20シーズンはU-16チームでプレーし、リーグ戦でチーム得点王の13ゴールを記録。また、ひとつ上のU-17チームの一員としても2試合に出場して1ゴールを決めており、1シーズンで17試合出場14ゴールという圧倒的な数字を残している。また、ポルトガル代表でもU-15とU-16でそれぞれ5試合出場1ゴールをマークしている。

 なお、兄のジョアンは当時18歳の2018年8月18日に行われたプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)第2節のボアヴィスタ戦でトップデビューを飾ると、1年目にしてリーグ戦15ゴール9アシストを記録。翌2019年7月には当時19歳ながら移籍金1億2600万ユーロ(約156億円)でアトレティコ・マドリードに移籍した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA