FOLLOW US

S・ラモスは第6位…サッカー界で最も多くのゴールを挙げたDFは?

DFとして最もゴールを奪った選手は? [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが“ゴールマシーン”と化している。5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節のアスレティック・ビルバオ戦では、PKで決勝点をマーク。今シーズンのリーグ戦得点数を「10」の大台に乗せ、プロデビュー以降初の快挙を達成した。

 イギリスメディア『talkSPORT』によれば、クラブと代表で奪ったゴール数はこれで「120」に到達したという。FW顔負けの得点力を見せつけているが、そもそもDFとして最もゴールを奪った選手は誰なのだろうか。

 今回は『talkSPORT』が発表したDFの通算得点ランキング上位10名を紹介する。

▼10位 109ゴール

フランツ・ベッケンバウアー(元西ドイツ代表)
主な所属クラブ:バイエルン(1964~1977年)

[写真]=Getty Images


 “皇帝” (カイザー)の愛称で親しまれ、1974 FIFA ワールドカップ 西ドイツではキャプテンとして母国を優勝に導いたベッケンバウアー。守備はもちろん、最終ラインから攻撃を組み立てるだけでなくシュートまで決めてみせ、新たなリベロ像を築いた。ユース時代から過ごしたバイエルンではトップチームで公式戦439試合に出場し、64ゴールを記録している。

▼7位タイ 113ゴール

ロベルト・カルロス(元ブラジル代表)
主な所属クラブ:レアル・マドリード(1996~2007年)

[写真]=Getty Images


 「超攻撃的サイドバック」と聞いて、真っ先に思い浮かべる選手の一人がR・カルロスだろう。“悪魔の左足”から放たれる強烈なフリーキックは、世界中のサッカーファンに大きな衝撃を与えた。チャンピオンズリーグではDFとして歴代最多の16ゴールを挙げている。

パウル・ブライトナー(元西ドイツ代表)
主な所属クラブ:バイエルン(1970~1974年、1978~1983年)、レアル・マドリード(1974~1977年)

[写真]=Getty Images


 ベッケンバウアーとともに西ドイツ代表を支えたブライトナーもDFながら多くの得点を奪い、“皇帝”を超える113ゴールを記録した。とりわけ大舞台に強く、1974年と1982年の2度のW杯決勝で得点をマーク。データサイト『OPTA』によれば、複数回のW杯決勝でゴールを決めているのはほかに、元ブラジル代表FWペレ、元同国代表FWババ、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンの3名しかいないという。

スティーヴ・ブルース(イングランド)
主な所属クラブ:マンチェスター・U(1987~1996年)

[写真]=Getty Images


 現在、武藤嘉紀が所属するニューカッスルで監督を務めるブルースも7位にランクイン。現役時代はセンターバックとして活躍し、マンチェスター・Uには8年半にわたって在籍した。1990-91シーズンにはリーグ戦で13ゴール、公式戦では19ゴールを記録するなど、攻撃面でも存在感を発揮した。

▼6位 120ゴール

セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
主な所属クラブ:レアル・マドリード(2005年~)

[写真]=Getty Images


 S・ラモスは6位にランクイン。2018年夏のクリスティアーノ・ロナウド退団以降、レアルの正式なPKキッカーとなったことで得点数が増加。ここまで2シーズンで15回PKを蹴り(PK戦は除く)、すべて成功させている。前所属のセビージャ時代を含め、クラブでの公式戦得点数は「99」に到達。100ゴールにリーチがかかっている。

▼5位 130ゴール

グレアム・アレクサンダー(元スコットランド代表)
主な所属クラブ:バーンリー(2007~2011年)

[写真]=Getty Images


 イングランド下部リーグを主戦場としたアレクサンダーは、通算130ゴールを記録。右サイドバックながら、得意のPKで多くのゴールを稼いだ。なおスコットランド代表では得点を挙げておらず、130ゴールはすべてクラブで奪ったものである。

▼4位 153ゴール

ローラン・ブラン(元フランス代表)
主な所属クラブ:モンペリエ(1983~1991年)、バルセロナ(1996~1997年)、マンチェスター・U(2001~2003年)

[写真]=Getty Images


 キャリア当初は攻撃的MFだったが、のちにセンターバックへコンバートしたブラン。プロデビューを飾ったモンペリエではクラブの歴代最多得点記録を樹立し、今もその記録は破られていない。またフランス代表でも16得点をマーク。W杯初優勝を果たした1998年フランス大会では、ラウンド16のパラグアイ代表戦でゴールデンゴールを奪い、勝利に貢献した。

▼3位 163ゴール

フェルナンド・イエロ(元スペイン代表)
主な所属クラブ:レアル・マドリード(1989~2003年)

[写真]=Getty Images


 3位に入ったのはクラブと代表でS・ラモスの先輩にあたるイエロだ。現役時代にはボランチとしてもプレーし、プレースキッカーとしても活躍。レアルでは在籍14シーズンで127ゴールをたたき出した。スペイン代表でも29得点を挙げており、これはフェルナンド・トーレス(38ゴール)やダビド・シルバ(35ゴール)に次いで歴代5位の記録である。

▼2位 175ゴール

ダニエル・パサレラ(元アルゼンチン代表)
主な所属クラブ:リーベル・プレート(1974~1982年)、フィオレンティーナ(1982~1986年)

[写真]=Getty Images


 『talkSPORT』が「間違いなく南米生まれで史上最高のDF」と評しているのがパサレラだ。センターバックとしては小柄な173センチながら、競り合いでも強さを発揮し、数多くのゴールを生み出した。アルゼンチン代表ではキャプテンを務め、1978年のアルゼンチンW杯で母国を初優勝へと導いた。

▼1位 253ゴール

ロナルド・クーマン(元オランダ代表)
主な所属クラブ:PSV(1986~1989年)、バルセロナ(1989~1995年)

[写真]=Getty Images


 DFとして最も多くのゴールを決めた選手は、現在オランダ代表監督を務めるクーマンだった。その数は「253」にものぼり、S・ラモス(120ゴール)の倍以上である。PSV在籍時の1987-88シーズンには公式戦26得点をマーク。バルセロナでプレーしていた1991-92シーズンには、ヨーロピアン・カップ(現CL)決勝で直接フリーキックを沈め、大会初制覇の立役者となった。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA