FOLLOW US

若月所属のシオン、給与カット拒否の8選手を解雇か…元アーセナルのソングら

シオンから解雇されたうちの一人であるDFレンジャニ [写真]=Getty Images

 FW若月大和が所属するシオン(スイス1部)は、給与カットに応じなかった8選手を解雇したようだ。19日、スイス紙『Blick』が報じた。

 スイスでは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、スイス・スーパーリーグやカップ戦は5月まで中断することが決定している。チケット収入などを絶たれたことで、シオンは全選手に対して、給与カットを受け入れるかどうかを尋ねたようだ。給与上限は12350フラン(約138万円)で、回答期限は現地時間18日の正午までだった。

 しかし、8選手は期限内に回答しなかったか給与カットを拒否したとして、クリスタン・コンスタンティン会長によって事前通告なしに即座の解雇を言い渡された模様だ。かつてアーセナルやバルセロナでもプレーした元カメルーン代表MFアレクサンドル・ソングや柏レイソルや徳島ヴォルティスでのプレー経験を持つ元コートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビアのほか、MFパイティム・カサミ、DFエルミル・レンジャニ、MFザビエル・クアシ、DFミカエル・ファッキネッティ、MFクリスティアン・ゾック、MFビラマ・ンドゥイが解雇されたと見られている。

 多くの選手は弁護士からのアドバイスを求めたというが、要求が唐突かつ回答期限が早すぎたために、納得のいく回答ができなかったようだ。すでにスイス・サッカー選手協会(SAFP)は、「(収入減少は)新型コロナウイルスに関連する不可抗力であり、(解雇は)容認できない」として、コンスタンティン会長に対して異なるアプローチでの解決を求める抗議文書を提出した模様だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO