FOLLOW US

日本人対決は12月以来先発のPSV・堂安律に軍配! 板倉滉は2戦ぶりのフル出場も惜敗

堂安(左)と板倉(右)の日本人対決が実現 [写真]=Getty Images

 エールディヴィジ第26節が9日に行われ、フローニンゲンとPSVが対戦した。

 フローニンゲンの板倉滉とPSVの堂安律はともに先発出場を果たし、日本人対決が実現。板倉は2戦ぶり、堂安は12月以来のスタメン入りとなった。

 序盤に訪れたフローニンゲンの決定機を堂安が身を呈した守備でブロックするなど、自軍の攻撃の起点を作る積極的な守備を披露。一方の板倉もスピードある攻撃で攻め込んでくるPSVを相手に真っ向から勝負を挑んだ。スコアが動いたのは16分、ディフェンスラインの裏へ抜け出したデンゼル・デュンフリースがペナルティエリアに進入すると、角度のないところからゴールに流し込んでPSVが先制に成功する。

 その後はホームのフローニンゲンが数多くのチャンスを作るものの、PSVが堅い守備でゴールにカギをかける展開となる。PSVのGKラース・ウンナーシュタルが好セーブを連発する活躍を見せ、フローニンゲンの攻撃を完封。1-0でアウェイのPSVが勝利し、4位をキープした。

 なお、堂安と板倉はともにフル出場を果たしている。

【スコア】
フローニンゲン 0-1 PSV

【得点者】
16分 0-1 デンゼル・デュンフリース(PSV)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA