FOLLOW US

欧州5大リーグを対象に調査…後半戦に入って成績が急上昇したチーム、急降下したチームは?

上段=成績急上昇クラブ 下段=成績急降下クラブ [写真]=Getty Images

 2020年も早いもので2カ月が経過した。欧州5大リーグ(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)の2019-20シーズンも後半戦がスタートして7試合程度を消化しており、いよいよクライマックスへと突入していく。

 ただ、長いシーズンには浮沈がつきものだ。開幕から快調に飛ばしていたチームが突如としてスランプに陥ることもあれば、不振にあえいでいたチームがウィンターブレイクを機に急浮上するケースもある。

 そこで今回は、欧州5大リーグの全98クラブを対象に、前半戦と後半戦の平均勝ち点を比較。後半戦に入って成績が急上昇したチームと急降下したチームを調べてみた。

 なお、ブンデスリーガの前半戦は「第1節から第17節まで」、その他4リーグの前半戦は「第1節から第19節まで」を意味する。

※データはすべて3月4日時点のもの
※カッコ内は「前半戦の平均勝ち点/後半戦の平均勝ち点/後半戦の平均勝ち点から前半戦の平均勝ち点を差し引いたもの」

後半戦に入って成績が急上昇したクラブトップ10

1位 ケルン(1.00/2.00/1.00)
1位 サッスオーロ(1.00/2.00/1.00)
3位 ナポリ(1.26/2.14/0.88)
4位 ワトフォード(0.68/1.56/0.87)
5位 メス(0.89/1.75/0.86)
6位 ドルトムント(1.76/2.57/0.81)
7位 バイエルン(1.94/2.71/0.77)
8位 ニーム(0.79/1.50/0.71)
8位 エスパニョール(0.58/1.29/0.71)
10位 セルタ(0.79/1.43/0.64)
10位 レッチェ(0.79/1.43/0.64)
10位 レヴァークーゼン(1.65/2.29/0.64)

 後半戦に入って最も変貌を遂げたのが、ケルンとサッスオーロだ。どちらも平均勝ち点は後半戦に入って倍増(1.00→2.00)している。

 ケルンは第14節終了時点で最下位に沈んでいたが、以降の9試合で7勝(2敗)を挙げて11位に浮上。昨年11月に行った監督交代が功を奏し、欧州カップ戦出場権獲得も夢ではなくなってきた。一方のサッスオーロは、後半戦の5試合でわずか1敗(3勝1分け)。主力の引き抜きもありスタートで出遅れたものの、ようやくエンジンがかかってきた。しかし、新型コロナウイルスの影響で第25節から2週連続で試合が延期。チーム状態が上向いていただけに、残念なニュースとなった。

 3位に入ったナポリと4位のワトフォードも、監督交代が転機となったチームだろう。ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督が就任したナポリは、最初の5試合で1勝(4敗)しか挙げられなかったが、その後の6試合で5勝1敗。第21節にはホームでユヴェントスを下した。ワトフォードも2度の監督交代が行われるなど混迷を極めたが、昨年12月のナイジェル・ピアソン監督招へいを機に急上昇。2月29日に行われた第28節では3-0の勝利を飾り、リヴァプールに今季初黒星をつけた。

 同じことはバイエルンにも言え、昨年11月のハンジ・フリック監督就任を機に王者の姿を取り戻した。後半戦の平均勝ち点はリーグトップの「2.71」。欧州5大リーグでも、パリ・サンジェルマン(2.75)に次ぐ好成績を収めている。なお、首位で前半戦を終えたライプツィヒは、後半戦に入ってからの平均勝ち点が「1.71」。前半戦の平均勝ち点(2.18)と比較すると、0.46ポイントの下落となっており、チーム状況は対照的と言える。勢いで勝るバイエルンがこのままリーグ8連覇を達成するのか。ライプツィヒの逆襲にも期待がかかる。

 では次に、後半戦に入って成績が急降下したチームを見ていこう。

後半戦に入って成績が急降下したクラブトップ10

1位 トリノ(1.42/0.00/-1.42)
2位 カリアリ(1.53/0.50/-1.03)
3位 シャルケ(1.76/0.86/-0.91)
4位 レスター(2.05/1.22/-0.83)
5位 インテル(2.42/1.60/-0.82)
5位 サンテティエンヌ(1.32/0.50/-0.82)
7位 アスレティック・ビルバオ(1.53/0.71/-0.81)
8位 アウクスブルク(1.35/0.57/-0.78)
9位 ウディネーゼ(1.26/0.50/-0.76)
10位 ホッフェンハイム(1.59/1.00/-0.59)

 不名誉な1位に輝いたのはトリノ。なんと、後半戦に入ってから白星はおろか、勝ち点すら獲得できていない。後半戦全敗(6敗)は、欧州5大リーグでトリノだけとなっている。2月4日に監督交代を実施したものの、モレノ・ロンゴ新体制でも結果は出ず、3戦3敗とまさに泥沼状態だ。降格圏までは5ポイント差に迫っており、どうにかしてこの悪い流れを断ち切りたいところだ。

 2位もイタリア勢で、カリアリがランクイン。彼らもトリノに負けないほどの大スランプに陥っており、第15節以降は11試合連続で勝ちなし(4分け7敗)。第11節終了時点で4位につけていたが、後半戦に入って平均勝ち点は1ポイント以上も下落した。そして3日には、ロランド・マラン監督の解任を発表。再浮上のきっかけを掴めるのか注目が集まる。

 上記2チームを含め、イタリア勢は4チームがトップ10にランクイン。国別では最多となる。アントニオ・コンテ監督の下で快進撃を続けてきたインテルも、後半戦の平均勝ち点(1.60)は上から8番目。暫定ながら首位に躍り出たラツィオ(2.43)やユヴェントス(2.00)とは大きな開きがあり、優勝戦線に生き残るためには、これ以上の取りこぼしが許されない状況だ。

 前半戦を沸かせたレスターやシャルケも、勢いに陰りが見えている。レスターは後半戦9試合で3勝2分け4敗、シャルケも後半戦7試合で2勝3分け3敗と黒星が先行。予算規模や選手層を考えれば、むしろここまでの健闘ぶりを称えるべきだが、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権のことを考えれば、ここ数試合が正念場だろう。特に、現在3位のレスターは“トップ4”の座を死守できるのか。ライバルたちの動向も含めて、目が離せない。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA