FOLLOW US

シント・トロイデンDF松原が先発デビューも…チームは終盤に大量失点で惨敗

新天地でのデビュー戦となった松原后(右)[写真]=Getty Images

 ジュピラー・プロリーグ第28節が29日に行われ、シント・トロイデンはメヘレンと対戦した。

 1月に清水エスパルスから加入したDF松原后が満を辞してスタメンで初出場のピッチに立ち、FW鈴木優磨も先発出場を果たした。

 試合は前半こそ、鈴木とMFイ・スンウが起点となってチャンスを作ったものの、思うようにゴールを奪えず。松原は積極的な攻め上がりこそ見せたが、ビルドアップで決定的なミスを犯すなど、上々のパフォーマンスとは言えなかった。

 松原は71分に交代でピッチを退いたが、その後にチームは3失点を献上し、ホームで0-3で敗れた。

 なお、ベンチ入りしたMF伊藤達哉の出場機会はなく、GKシュミット・ダニエルはベンチ外となった。

【スコア】
シント・トロイデン 0-3 メヘレン

【得点者】
79分 0-1 ロブ・スクーフス(メヘレン)
82分 0-2 ダンテ・バンゼイル(メヘレン)
90+4分 0-3 オウンゴール(メヘレン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA