FOLLOW US

アヤックスDFブリント、心筋炎を乗り越え約3カ月ぶりのピッチに「戻ってこられて本当にうれしい」

アヤックスに所属するブリント [写真]=Getty Images

 アヤックスに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリントが、約3カ月ぶりにピッチに立った。13日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 現在29歳のブリントは、昨年12月10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ・バレンシア戦にフル出場したが、試合中に目眩を起こしていた。そして試合後の診断の結果、心筋炎を患っていることが判明し、手術を実施。ピッチに立てない時間が続いていた。

 しかし、今月12日に行われたカップ戦準々決勝・フィテッセ戦の77分から途中出場し、約3カ月ぶりの復帰を果たした。試合後のブリントは、その喜びを以下のように語っている。

「ピッチに戻ってこられて本当にうれしいよ。交代で出場する瞬間まで何が起こるか分からなかったから、少し緊張していたんだ」

「手術をしてから、僕はとにかく早く復帰したいと思っていた。だから医師は、僕の気持ちを止めるのに苦労していたんじゃないかな。自分としては全く怖さを感じていなかったけどね」

 フィテッセを相手に3-0の勝利を収めたアヤックスは、現在リーグ戦で勝ち点50を積み上げ首位を走っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA