FOLLOW US

今シーズンの平均観客数ランキング…1位、2位はあのライバルクラブ!

今シーズンのスタジアム平均観客数はドルトムントとバイエルンが上位を占めた [写真]=Getty Images

 いまや世界的人気となっているサッカーの観客数はどうなっているのか。移籍情報サイト『Transfermarkt』は12日、世界のサッカークラブの平均観客動員数ランキングを掲載して分析している。

 9日に行われたブンデスリーガ第21節のバイエルン対ライプツィヒの一戦では7万5000人の観客がバイエルンのホームスタジアムであるアリアンツ・アレーナに集結した。バイエルンは今シーズン、ここまでホーム全11試合でチケットが完売しているといい、人気の高さがうかがえる。

 しかし、さらにその上を行くのが同じくブンデスリーガでバイエルンと共に優勝を争うライバルであるドルトムント。同クラブのホームスタジアムであるシグナル・イドゥナ・パルクは8万1365人を収容することができ、ホーム戦での一試合平均はなんと8万1132人だという。今冬にザルツブルクからドルトムントに加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドも「最初からこのクラブに加わりたいと思っていて、8万人以上の観客の前で、この信じられないような雰囲気でサッカーをしたかった」と語るように、選手たちにとっても人の集まるスタジアムというのは士気が高まるに違いない。

 なお、2019年で最も観客が入った試合は5月1日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグ。バルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウで行われたリヴァプール戦では9万8299人がスタジアムに駆け付けた。

 15位までの今シーズンの平均観客数は以下の通りとなっており、プレミアリーグから5チーム、ブンデスリーガからは4チームがランクインしている。なかでもシュトゥットガルトは現在2部リーグを戦っていて、ドイツでのサッカー人気をうかがわせる。

■今シーズンの平均観客数
1位 ドルトムント(シグナル・イドゥナ・パルク/7万7984人)
2位 バイエルン(アリアンツ・アレーナ/7万3100人)
3位 バルセロナ(カンプ・ノウ/7万2218人)
4位 マンチェスター・U(オールド・トラッフォード/6万8382人)
5位 レアル・マドリード(サンティアゴ・ベルナベウ/6万6587人)
6位 インテル(ジュゼッペ・メアッツァ/6万2210人)
7位 シャルケ(フェルティンス・アレーナ/6万645人)
8位 トッテナム(トッテナム・ホットスパー・スタジアム/5万8192人)
9位 アトレティコ・マドリード(ワンダ・メトロポリターノ/5万7933人)
10位 ウェストハム(ロンドン/スタジアム/5万5570人)
11位 アーセナル(エミレーツ・スタジアム/5万5468人)
12位 アヤックス(ヨハン・クライフ・アレナ/5万2930人)
13位 リヴァプール(アンフィールド/5万2903人)
14位 シュトゥットガルト(メルセデス・ベンツ・アレーナ/5万1847人)
15位 ミラン(サン・シーロ/5万1847人)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA