FOLLOW US

なでしこFW横山久美が2度目の海外挑戦…アメリカ1部に完全移籍

ワシントン・スピリッツへの完全移籍が決まった横山(写真は2019年6月のもの) [写真]=Getty Images

 AC長野パルセイロ・レディースは19日、FW横山久美がワシントン・スピリッツ(アメリカ1部)へ完全移籍することを発表した。

 現在26歳の横山は2014年から長野に在籍し、2017年夏からは女子ブンデスリーガ1部のフランクフルトへ期限付き移籍。翌年5月に契約満了に伴い、長野に復帰した。今季のプレナスなでしこリーグでは18試合に出場し、5得点を記録していた。

 移籍にあたり、横山は長野の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「今シーズンをもってAC長野パルセイロ・レディースを退団することを決めました。今年は、この5年間で一番苦しかったシーズンでした。キャプテンとして、チームのエースとして、なでしこ2部へ降格という結果になってしまい、申し訳ない気持ちで一杯です」

「勝ちたい!!誰しもがそう思うのが普通です。ただ、勝つために何をしなければならないのか、そこを追求していくことが自分を含めて選手1人1人が甘かったことが、今年の成績になってしまったと思います。パルセイロ・レディースは、まだまだ発展途上のチームです。若い選手が多い中、今年はチームとしても、個人としても、たくさんの経験をさせていただきました。悔しかったり、試合に勝つことがどれだけ嬉しいのか、この経験を糧に、そして長野のために、これからがんばっていってもらいたいと思います!」

「最後になりますが、毎試合、なかなか勝てていなくても足を運んでいただき、試合に負けても拍手で迎えてくれる多くのファン・サポーターの皆さん、そんな皆さんが私の誇りです。そして、5年間という長い間ご指導をいただいた本田監督、スタッフの皆さん、喜怒哀楽を共にしたチームメイトたち、本当にありがとうございました。”がんばれ!AC長野パルセイロ・レディース”」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA