FOLLOW US

ガラタサライ、来年1月にDF長友を放出へ…チームの刷新を画策か

ガラタサライに所属する長友佑都 [写真]=Getty Images

 トルコ1部リーグのガラタサライは、来年の1月に日本代表DF長友佑都を放出する構えのようだ。13日付けで、トルコメディア『HABER』が報じている。

 同メディアによると、ガラタサライのファティ・テリム監督は、同チームのリーグ戦とチャンピオンズリーグにおける低調なパフォーマンスを危惧しており、選手の補強を企てている模様。そして、その計画を考慮し今シーズンで33歳となった長友を放出候補に挙げているという。

 また、ガラタサライの経営陣は長友の代理人に、来年1月での移籍先を探すように伝えたとも言われている。長友の豊富な経験は評価しているものの、200万ユーロ(約2億4000万円)という高額な年俸も、クラブにとってはネックとなっているようだ。

 今シーズンいっぱいでガラタサライと契約が満了する長友は、来年の1月に移籍することになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA