FOLLOW US

北川航也が初ゴール!南野拓実も劇的弾!…日本人対決実現の一戦はザルツブルクが制す

北川航也がラピード・ウィーン移籍後初ゴール [写真]=Getty Images

 オーストリア・カップ2回戦が25日に行われ、FW北川航也が所属するラピード・ウィーンと、日本代表FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクが対戦した。北川と南野は先発出場で日本人対決が実現。奥川はベンチスタートとなった。

 大会連覇を狙うザルツブルクは50分、ペナルティエリア前右のFKでドミニク・ショボスライがゴール右上隅に完璧なシュートを突き刺して先制に成功した。しかしラピード・ウィーンは56分、北川が右サイドからの折り返しを右足ダイレクトで流し込み同点。移籍後初ゴールとなった北川は、豪快なガッツポーズで喜びを爆発させた。

 追いつかれたザルツブルクは60分にセク・コイタを下げて奥川と投入。ラピード・ウィーンも60分に北川を下げてフィリップ・ショーベスベルガーを送り出した。

 ラピード・ウィーンは65分、シュテファン・シュヴァーブが2枚目のイエローカードで退場となり数的不利に。さらに後半アディショナルタイム3分にはダリボル・ヴェリミロヴィッチも2枚目のイエローカードで退場となり、9人での戦いとなった。

 試合は1-1のまま延長戦に突入。すると終了間際の延長後半アディショナルタイム1分、エリア右のラスムス・ニスン・クリステンセンが折り返し、中央の南野が左足で合わせて劇的ゴール。南野の今シーズン公式戦5点目が決勝点となり、ザルツブルクが激闘を制した。

【スコア】
ラピード・ウィーン 1-2 ザルツブルク

【得点者】
0-1 50分 ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク)
1-1 56分 北川航也(ラピード・ウィーン)
1-2 120+1分 南野拓実(ザルツブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA