2019.09.16

安西幸輝が移籍後初ゴール、中島翔哉と日本人対決も実現!…ポルトが劇的勝利

ポルトガルで安西幸輝(左)と中島翔哉(右)の日本人対決が実現 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)第5節が15日に行われ、GK権田修一、DF安西幸輝、MF藤原志龍が所属するポルティモネンセと、FW中島翔哉が所属するポルトが対戦した。安西は右サイドバックで先発出場し、権田と中島はベンチスタート。藤原はベンチ外だった。

 試合はアウェイのポルトが先手を取る。25分、アレックス・テレスが相手のハンドで得たPKを沈めて先制点を奪うと、45分にはゼ・ルイスが右サイドからのクロスに左足ダイレクトで合わせて追加点を挙げた。

 2点リードで折り返したポルトは72分、ルイス・ディアスを下げて中島を投入。古巣対決となった中島と安西による日本人対決が実現した。

 ポルティモネンセは74分、デネルが左サイドからのクロスをヘディングで叩き込み1点を返す。さらに直後の77分、安西が右サイドから中央へ切り込んで左足を振り抜くと、きれいなカーブを描いたミドルシュートはゴール左隅に決まり、同点ゴール。安西の移籍後初得点で、ポルティモネンセが試合を振り出しに戻した。

 追いつかれたポルトは後半アディショナルタイム2分、抜け出したマルロス・モレノをA・テレスがエリア手前で引き倒し、レッドカードで一発退場となった。数的不利となったものの、同8分に左CKをイバン・マルカノが頭で合わせて決勝ゴール。直後に試合終了のホイッスルが鳴り、ポルトが劇的勝利で4連勝を飾った。敗れたポルティモネンセは3連敗を喫した。

 次節、ポルティモネンセは22日にアウェイでヴィトーリアと、ポルトは同日にホームでサンタ・クララと対戦する。

【スコア】
ポルティモネンセ 2-3 ポルト

【得点者】
0-1 25分 アレックス・テレス(PK)(ポルト)
0-2 45分 ゼ・ルイス(ポルト)
1-2 74分 デネル(ポルティモネンセ)
2-2 77分 安西幸輝(ポルティモネンセ)
2-3 90+8分 イバン・マルカノ(ポルト)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング