2019.08.25

ライト・フィリップスが現役引退を発表…かつてマンCやチェルシーでもプレー

現役引退を発表したライト・フィリップス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表FWショーン・ライト・フィリップスが、現役引退を発表した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同選手は、マンチェスター・Cの下部組織からトップチームへと昇格し、2005年にチェルシーへ移籍した。その後、出場機会を求め2008年にマンチェスター・Cに復帰するも、ここでも徐々に出場機会を減らし、2011年にクイーンズ・パーク・レンジャーズへ加入。2015年からアメリカに活躍の場を移すと、2017年12月から無所属の状態が続いていた。

 同選手は『スカイスポーツ』の番組で、「できるだけ長く続けたいと思っていた」と引退発表を先延ばしにしていたことを明かした。続けて、「ここ数週間、正式に発表しようと考えていた。『僕は正式に引退した』というよ。永遠に成長が続くわけではないとわかっていた。最後に手術を受けたときから気持ちは落ち着いていたんだ。マンチェスター・Cでスタッフとして仕事をしながら、少しずつテレビの仕事も覚えたよ」とコメントし、正式なキャリアの終わりを宣言した。

 現在37歳の同選手は、イングランド代表としても36試合に出場し、2010年に開催された南アフリカワールドカップでは3試合出場を記録していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング