FOLLOW US

ポルト、ドイツ代表GKトラップに興味…カシージャスの後継者に?

ポルトへの移籍が噂されているドイツ代表GKトラップ

 ポルトは、パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表GKケヴィン・トラップに関心を示しているようだ。フランスメディア『デイリーメルカート』が8日に伝えている。

 トラップは1990年生まれの29歳。2007-08シーズンにカイザースラウンテルンでキャリアをスタート。2015年夏にPSGへ移籍していた。昨シーズンはフランクフルトへのレンタル移籍を経験し、ブンデスリーガで33試合に出場した。

 今回の報道によると、トラップと所属元であるPSGとの契約はまだ1年残っているが、PSGでの将来は不透明となっているようだ。これを受けて、ポルトがトラップの獲得を考えている模様。同選手の獲得に必要となる移籍金は750万ユーロ(約9億円)と見積もられているという。ポルトガルメディア『Record』によると、交渉は進んでおり、トラップの代理人はポルトからの連絡を待っている状況のようだ。

 ポルトの守護神には元スペイン代表GKイケル・カシージャスが君臨している。同選手は今年5月、練習中に心臓発作を起こして病院に搬送されていた。プレシーズンのトレーニングセッションには参加しているが、その去就は不透明だと伝えられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA