FOLLOW US

元アーセナルMFが中国代表に!…カタールW杯で帰化選手を初招集

ブレントフォード所属時のイェナリス [写真]=Getty Images

 かつてアーセナルやブレントフォードなどでプレーし、現在は北京国安に所属するMFニコ・イェナリスが、帰化選手として中国代表に招集される最初の選手となった。30日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ロンドンで生まれたイェナリスは中国人の母親を持ち、今年1月にブレントフォードから中国スーパーリーグの北京国安に加入。その後、中国の市民権を取得した。

 中国代表は以前から、帰化選手の招集を拒否してきた。しかし、中国はワールドカップに出場することを長年の目標としているにもかかわらず2002年の日韓大会以来、出場できていない。

 2022年カタールW杯の出場権を得るためにはこの状況を変える必要があると判断し、同国代表のマルチェロ・リッピ監督は帰化選手を受け入れることを求めていると地元メディアは報じている。今後はさらに、ノルウェー出身のMFジョン・ホウ・サテル(北京国安)や、イングランド出身のDFティアス・ブラウニング(広州恒大)の帰化を進めるようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA