FOLLOW US

U-20W杯で南野同僚が驚きの活躍! 大会記録の“トリプルハット”で12点差勝利に貢献

U-20W杯大会記録の1試合9得点を決めたハーランド [写真]=Getty Images

 30日に行われたFIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019のグループステージ第3節で、U-20ノルウェー代表がU-20ホンジュラス代表と対戦し、大会史上最多得点差となる12-0で圧勝した。

 この試合で大活躍したのは、ザルツブルクに所属するFW南野拓実の同僚FWアーリング・ハーランドだった。7分に先制点を決めると、20分、36分(PK)、43分、50分、67分、77分、88分、90分にもゴールを決め、大会における1試合の最多得点記録となる9ゴールの大活躍を見せた。

 第1節のウルグアイ戦と第2節のニュージーランド戦に連敗しグループステージ敗退の危機にあったノルウェーだが、この勝利によって勝ち点「3」得失点差を「8」に伸ばし、他グループの結果次第ではあるが決勝トーナメント進出の可能性を残している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO