FOLLOW US

“メルボルン・ダービー”は痛み分けに…先発のMF本田圭佑は77分まで出場

先発出場を果たした本田圭佑 [写真]=Getty Images

 オーストラリア・Aリーグ第20節が行われ、MF本田圭佑が所属する3位メルボルン・ビクトリーは本拠地で5位メルボルン・シティと対戦した。

 前節にケガからの復帰後初となる今シーズン6点目を記録した本田は、この試合で年明け後初となる先発入りを果たした。スコアが動いたのは16分、ジェイミー・マクラーレンのPKでメルボルン・シティが先制に成功した。

 後半に入り攻勢を強めるメルボルン・ビクトリーは50分、コスタ・バルバルセスが同点弾を記録して試合を振り出しに戻した。その後両チームともチャンスを生み出しながらも、ゴールを決めきれずに1-1のドローとなった。なお本田は77分にストーム・ルーとの交代でピッチを退いている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO