FOLLOW US

ハムシクの中国移籍は既定路線か…ナポリ会長「帰ってくる時は歓迎する」

中国移籍が決定的とみられているハムシク [写真]=Getty Images

 ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、大連一方(中国スーパーリーグ)への移籍に迫っていると報じられたスロバキア代表MFマレク・ハムシクについて言及した。イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が4日に報じている。

 報道によるとデ・ラウレンティス会長は「ハムシクの将来について話すことはない」と言いながらも、「中国(のクラブ)とナポリの間には違いがある。何が起きるかを見てみよう。ハムシクには“ここが君の家だ”と伝えた。帰ってくることを望んだ時には、我々は彼を喜んで歓迎する」とコメント。ハムシクの移籍がすでに決定済であることを示唆している。

 3日付のイタリアメディア『スカイ』によると、すでにハムシクはチームメイトに別れを告げており、2日に行われたセリエA第22節のサンプドリア戦がラストゲームになったという。ナポリに支払われる移籍金は1500万ユーロ(約18億9000万円)、ハムシクが受け取るサラリーは年俸900万ユーロ(約11億3000万円)となる模様だ。カルロ・アンチェロッティ監督も「ハムシクは違う経験を求めている」とコメントしており、移籍は決定的となっている。

 現在31歳のハムシクは2007年夏からナポリでプレーし、クラブ歴代最多となる公式戦通算520試合出場121得点を記録している。キャプテンとして長年チームを支えてきたが、新天地での挑戦を始めることが決定的となっている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA