FOLLOW US

シント・トロイデンが敵地で4連勝! 冨安がOGも…鎌田は得点の起点に

シント・トロイデンの攻撃を担う鎌田大地 [写真]=©STVV

 1日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第17節でシント・トロイデンは敵地でアントワープと対戦し、3-1の勝利を収めた。鎌田大地冨安健洋遠藤航の3選手が先発フル出場している。

 先制したのはシント・トロイデン。9分にジョルダン・ボタカがPKを落ち着いて沈めた。17分には、相手のシュートが冨安に当たるとコースが変わりオウンゴール。シント・トロイデンは同点にされたが、37分には連係からアントワープのDFを崩すとロマン・ベズスが決めて、2-1に。リードして試合を折り返した。

 そして迎えた75分、鎌田が中央で跳ね返されたボールを拾うと低いクロスを供給。最後はポル・ガルシアが押し込み、シント・トロイデンがリードを2点とした。

 試合はそのまま終了しシント・トロイデンは敵地で2位アントワープに3-1勝利。日本人選手の安定した活躍もあり、チームは上位相手に勝利を重ね、4連勝と波に乗っている。

【スコア】
アントワープ 1-3 シント・トロイデン

【得点者】
0-1 9分 ボタカ(シント・トロイデン
1-1 17分 冨安(OG)(アントワープ)
1-2 37分 ベズス(シント・トロイデン
1-3 75分 ガルシア(シント・トロイデン

【スターティングメンバー】
シント・トロイデン(3-5-2)
ステッペ;ガルシア(80分 デ・ペッター)、テイシェイラ、冨安;ドゥ・ノーレ、アサモア、遠藤航、ドゥ・サール(87分 セバージョス)、ボタカ;ベズス(57分 アコラツェ)、鎌田

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO