2018.11.29

38歳ロビー・キーンが現役引退…トッテナムやLAギャラクシーで活躍

ロビー・キーン
かつてトッテナムで活躍したロビー・キーン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 インドスーパーリーグ (ISL)のアトレティコ・デ・コルカタで選手兼監督を務めていた元アイルランド代表FWロビー・キーンが現役引退を表明した

 現在38歳のロビー・キーンはウルヴァーハンプトン・ワンダラーズの下部組織出身で、1997年8月にトップチームデビューを果たした。インテルやリーズなどのクラブを渡り歩き、2002年夏にトッテナムへ移籍。その後はリヴァプール、セルティックなどのクラブでプレーし、2011年からはロサンゼルス・ギャラクシーで活躍。2014シーズンにはMLS(メジャーリーグ・サッカー)の最優秀選手に選出された。アイルランド代表としても146試合に出場し68得点をマーク。出場試合数、得点数ともに同国史上最多の記録となっている。

 イギリスメディア『BBC』が28日に、ロビー・キーンのコメントを伝えている。

「23年間の素晴らしい時を経て、本日正式にプロフットボーラーを引退することを表明する。僕のサッカー人生がこのようなものになるなんて全く想像していなかった。ダブリンで育ったサッカー少年が当時持っていた全ての希望を上回るものだった。僕のことを信じてチャンスを与えてくれたウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに改めてお礼を言いたい」

「そして、トッテナムでは特別な時間を過ごすことができた。238試合に出場し、キャプテンも務めさせてもらった。ホワイト・ハート・レーンで過ごした日々はかけがえのない思い出だよ。トッテナムは僕の心のクラブだ」

 なお、ロビー・キーンはアイルランド代表の新指揮官に就任したミック・マッカーシー監督の下でアシスタントコーチを務めることが既に発表されている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
マンチェスター・C
7pt
アーセナル
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング