2018.11.22

リヴァプールの2選手がトルコへ? オリジとマティプが来年1月に退団か

オリジ、マティプ
トルコ行きの可能性が浮上したオリジ(左)とマティプ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するベルギー代表FWディヴォック・オリジとカメルーン代表DFジョエル・マティプに、トルコ行きの可能性が浮上した。地元紙『リヴァプール・エコー』が21日付で報じている。

 同紙によると、日本代表DF長友佑都の所属するガラタサライがオリジ、フェネルバフチェがマティプの獲得を希望しているといい、来年1月に移籍する可能性があるとのことだ。ユルゲン・クロップ監督が放出を許可した場合、リヴァプールは売却に向けて交渉を進めていくようである。

 オリジ、マティプともにリヴァプールでは出場機会が限られている。今シーズンここまでオリジは公式戦2試合、マティプは公式戦7試合に出場したのみ。出番を求めて、トルコにプレーの場を移すのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る