FOLLOW US

今季初の1試合2ゴール! 9試合で8得点の鎌田「勝つことが一番大事」

シント・トロイデンで活躍する鎌田大地とチームメイト [写真]=©STVV

 今シーズン初の1試合2得点をマークしたシント・トロイデンのFW鎌田大地が試合後コメントを残した。

 10日、シント・トロイデンはジュピラー・プロ・リーグ第15節でFW豊川雄太が所属するオイペンと対戦。鎌田は13分に絶妙なスルーパスをダイレクトでゴール右隅に流し込み先制点を挙げると、55分にはセットプレーから角度のない中、見事なボールコントロールで今シーズン初の1試合複数得点を決めた。

 試合は4-1で快勝。直近9試合で8得点を記録し、絶好調の鎌田は試合後次のように話した。

「良い試合ができていたと思うし、チームのやりたいことが上手くはまったと思います。早い時間に1点目を取ることができたので、2点目、3点目を狙っていました」

「もっと周りを上手く使ってもよかったかもしれないですけど、僕自身点が欲しかったので、自分で行くシーンがありましたが、あれぐらいで良いのかなと思っています」

「(次節アンデルレヒト戦に向けて)ホームなので勝ち点は絶対取りたいと思いますし、うちらしく守備をしっかりやっていけば勝ち点は取れると思っています。もちろん、勝ちを狙いに行きたいですし」

「(自身のゴールについて)チームが勝つためには誰かが点を入れないと勝てません。チームが勝つことが一番大事なので、勝利に貢献できれば良いと思っています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA