2018.10.09

クロップ監督がネーションズリーグを批判「世界で最も無意味な大会」

ユルゲン・クロップ監督
ネーションズリーグを批判したクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、UEFAネーションズリーグを痛烈に批判した。8日付のイギリス紙『デイリーメール』が同監督のコメントを伝えている。

 クロップ監督率いるリヴァプールは、9月15日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦から10月7日に開催された第8節のマンチェスター・C戦までの間、3週間で公式戦7試合をこなしてきた。クロップ監督はインターナショナルウィークでもほとんどの選手たちは休みを得ることができない現状を指摘し、現在ヨーロッパ内で行われているUEFAネーションズリーグについて以下のように語った。

「選手たちは代表チームに向かわなければならない。ヨーロッパの代表選手たちはネーションズリーグを戦う。(ネーションズリーグは)世界で最も無意味な大会だ」

「とにかく選手たちにはケガなく帰ってきて欲しいと思っている。彼らはネーションズリーグのように何でもない大会の他にも、プレミアリーグとチャンピオンズリーグを戦わなければならないのだからね。彼らにとっては非常にタフなスケジュールだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る