2018.09.19

元アメリカ代表オニェウ、36歳で現役引退…ミランではイブラとの“大喧嘩”も

オニェウ
昨年からはフィラデルフィア・ユニオンでプレーしていたオニェウ [写真]=Icon Sportswire via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元アメリカ代表DFオグチ・オニェウが17日に自身のインスタグラムを更新。「どんなにいいことも、終わりを迎えなければならない。ありがとう」と綴り、現役引退を表明した。

 オニェウは1982年生まれの36歳。フランスのメスでプロデビューを果たした後、ベルギーのスタンダールやイングランドのニューカッスルでプレーした。2009年夏にはミラン移籍を果たしたものの、負傷もあって出場機会に恵まれず。2010年には元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(現ロサンゼルス・ギャラクシー)と練習中に大喧嘩をしたことも話題となった。

 ミランでは公式戦に出場することなく、2011年1月にオランダのトゥウェンテへレンタル移籍。同年6月にポルトガルのスポルティングへ完全移籍で加入した。以後はマラガを経てイングランドのクラブを渡り歩き、昨年からはアメリカのフィラデルフィア・ユニオンでプレーしていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング