FOLLOW US

デンマーク代表、親善試合にフリースタイルフットボーラーや学生が出場

ウェールズ戦に主力選手が出場可能となったデンマーク代表 [写真]=Getty Images

 デンマーク代表は5日、国際親善試合でスロバキア代表と対戦し、0ー3で敗れた。デンマークサッカー協会(DBU)と選手会の対立により、主力選手を招集できずに下部リーグの選手やアマチュア選手を主体としたメンバーでこの試合に臨んだデンマーク代表の様子を、イギリスメディア『BBC』が取り上げている。

 右サイドバックとして出場したデンマーク3部リーグでプレーする20歳のシモン・ボーレセンは現役の学生。また、同5部リーグでプレーするMFラスムス・ヨハンソンはフリースタイルフットボーラーとして活動しており、Instagramのフォロワー数とYouTubeのチャンネル登録者数はともに1万人を超えている。

 また、スロバキアに70%以上のボール支配率を許し、合計22本のシュートを浴びながら、好セーブを連発して3失点に抑えたGKクリストファー・ハーグはプロのフットサル選手として活躍している。

 アマチュア選手たちの健闘が光ったとはいえ、サッカーのチームとして成り立っていないデンマーク代表。7日にはUEFAネーションズリーグ開幕戦でウェールズ代表との試合を控えるが、今後の見通しは不透明のようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA