FOLLOW US

MLS新クラブの名称は『インテル・マイアミ』に決定! ベッカム氏らがオーナー

『インテル・マイアミ』を発表したデヴィッド・ベッカム氏 [写真]=Getty Images

 元イングランド代表MFデヴィッド・ベッカム氏が共同オーナーを務め、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)に生まれる新チームの名称とエンブレムが決定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が5日に伝えている。

 マイアミでクラブ設立を進めていたベッカム氏は、今年1月に行われたアメリカMLS総会で新チームのMLS新規参入が承認。2020年から25番目のクラブとしてMLSに参戦するために着々と準備を進めており、5日にクラブ名とエンブレムが決定したことを発表した。

 新クラブの名称は『インテル・マイアミ』。クラブ公式ツイッターやインスタグラムではエンブレムと一緒に「4年前、私たちはサッカークラブを夢見ていました。今日、クラブの名称とエンブレムを発表できることを誇りに思います。私たちと旅に出ましょう。これが私たち。これがマイアミ」と綴られている。

 ベッカム氏はマイアミでの発表記者会見で、次のように話している。

「クラブのモットー『リベルタス、ユニタス、フォルトゥナ』は、自由、団結、連帯、包括性、チャンス、すべての幸運という概念に敬意を表している」

「私たちは新しいチームだが、多くの歴史を持つ都市が本拠地であり、私たちはそれらを踏まえエンブレムをつくりたいと思っていた」

「そして南米の風も忘れたくはなかった。そういったものすべてがマイアミであるため、現代的にそれらを融合させたんだ」

「ファンが満足してくれるものを作ったと思う。みんながこのエンブレムと共に幸せになり、何かを生み出すことを願っている」

 なお、インテル・マイアミのオーナーグループには、ベッカム氏のほか、メジャーリーグ・ベースボールの前マイアミ・マーリンズオーナーのホルヘ・マス氏、ソフトバンクの孫正義氏らが名を連ねている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA