FOLLOW US

アトレティコ、先制を守りきれずもPK戦で勝利! ICCでアーセナルと対戦

アーセナルとアトレティコ・マドリードが対戦した [写真]=Getty Images

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018が26日に行われ、アーセナルアトレティコ・マドリードが対戦した。

 ウナイ・エメリ新監督の元で、新たな時代の幕開けとなったアーセナルは、FWアレクサンドル・ラカゼットやFWピエール・エメリク・オーバメヤンの主力メンバーに加えて、新加入のGKベルント・レノが先発出場となった。

 一方、昨シーズン、ヨーロッパリーグ優勝を果たしたアトレティコ・マドリードはFWケヴィン・ガメイロやFWアンヘル・コレアを先発で起用。2018 FIFA ワールドカップ ロシアに出場していたFWアントワーヌ・グリーズマンやDFディエゴ・ゴディンは欠場となった。

 試合が動いたのは41分、FWアンヘル・コレアがクロスボールをあげると、ボックス内にいたFWルシアーノ・ビエットがヘディングでゴールネットを揺らした。アーセナルは試合をコントロールしてたものの、先制に成功したのはアトレティコ・マドリードであった。

 しかし、アーセナルも攻撃を続ける。47分、若手MFエミル・スミス・ロウがドリブルでアトレティコ・マドリードの選手3人をかわして右足でゴールに向かって蹴り込んだ。ボールはゴール右上へと吸い込まれ、アーセナルは同点へと追いつく。

 その後はお互いにチャンスを生かせず90分が終了した。延長戦を行わないICCはこのままPK戦へと進んだ。3人目以外全員PK失敗となったアーセナルに対して、アトレティコは2人目、3人目と5人目が決めて試合を制した。

 次戦、アーセナルはパリ・サンジェルマンと対戦する。アトレティコ・マドリードも同じくパリ・サンジェルマンとの対戦を控えている。

【スコア】
アーセナル 1-1(PK1-3) アトレティコ・マドリード

【得点者】
0-1 41分 ルシアーノ・ビエット(アトレティコ・マドリード
1-1 47分 エミル・スミス・ロウ(アーセナル

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA