2018.07.23

アルビ新潟Sが6試合を残し無敗でシンガポールプレミアリーグ3連覇達成

アルビレックス新潟シンガポールがシンガポール・プレミアリーグで3連覇を達成した
サッカー総合情報サイト

 22日、シンガポール・プレミアリーグ第18節が行われ、アルビレックス新潟シンガポールはバレスティア・カルサFCとアウェーで対戦。開幕から17連勝で迎えたアルビレックス新潟シンガポールは、引き分け、または勝利で今節での優勝が決まる状況で試合を迎えた。

 均衡が破れたのは32分。リーグ3連覇を目指すアルビレックス新潟シンガポールが先制する。ゴール前で得たFKのチャンス、高橋健也が左足で狙った一撃はGKの手を弾いてゴールネットを揺らした。

 後半立ち上がり直後の46分、自陣でのパスミスからボールを奪われると、ビルドアップで高い位置を取っていたGK野澤洋輔の頭上を越えるループシュートを放たれる。野澤は指先で触るものの、かき出せきれず失点。1-1と同点とされる。

 勝利で3連覇を飾りたいアルビレックス新潟シンガポールは、終了まで果敢に攻めるものの、ゴール前に人数をかけて守備を固めるバレスティアを最後まで突破することができずに1-1で終了。開幕からの連勝は17試合で止まったものの、6試合を残してリーグ3連覇を達成した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る