2018.07.10

元日本代表監督ハリルホジッチ氏、アルジェリア代表指揮官就任を否定

ヴァイッド・ハリルホジッチ氏
ハリルホジッチ氏はアルジェリア代表をW杯ベスト16に導いたことも [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が、アルジェリア代表監督就任に合意したという報道について否定しているようだ。フランス紙『レキップ』が伝えている。

 ハリルホジッチ氏は2015年3月から2018年4月まで日本代表監督を務め、アジア予選を勝ち抜き2018 FIFAワールドカップ ロシア本戦出場を勝ち取った。同氏はこれまでアルジェリア代表や韓国代表の新監督候補として名前が挙がっており、アルジェリアメディアは同氏がアルジェリア代表監督就任にすでに合意していると報じていた。

 しかし、同紙によると、ハリルホジッチ氏はこの報道について否定しているようだ。ただ接触があったことについては認めており、次のようにコメントした。

「アルジェリアのサッカー連盟から接触があったことは認めるが、まだ何も起こってないし、話し合いも進んでいない。合意があったという報道は真実ではない。そこに関してはしっかりと否定するよ」

 ハリルホジッチ氏は、2014年のブラジルW杯で同国を率い史上初のベスト16に導いていおり、同紙はアルジェリア国内でも期待の声が上がっていると伝えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る