2018.05.06

F・トーレス、新天地はMLSか…元同僚が監督のシカゴ・ファイアーが関心

フェルナンド・トーレス
アメリカ移籍が噂されるF・トーレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン限りでアトレティコ・マドリードからの退団を明言している元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、MLS(メジャーリーグサッカー)のシカゴ・ファイアー移籍に近づいているようだ。5日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 F・トーレスはいくつかのクラブからオファーが届いていることを明かしているが、現段階ではシカゴ・ファイアー加入の可能性が高いと見られている。その理由として、シカゴ・ファイアーの指揮官を務めるベリコ・パウノビッチ監督とはアトレティコ・マドリードで共にプレーした経験があり、元同僚が率いるチームでのプレーを同選手が希望していることが要因となっているようだ。

 F・トーレスは今シーズンのリーガ・エスパニョーラで24試合に出場し3得点を記録しているが、スタメンでの出場は5試合のみにとどまっている。移籍が噂されるシカゴ・ファイアーには元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーも所属しており、F・トーレスの加入が決定すると更なるチームの人気向上に繋がることが予想される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る