FOLLOW US

本田のパチューカ、優勝プレーオフ進出ならず…9位でシーズン終了

パチューカの本田圭佑(写真はケレタロ戦のもの) [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカの最終順位が9位で確定し、優勝プレーオフ進出を逃した。

 28日に行なわれたリーガMX後期最終節、パチューカはアトラスとの一戦でスコアレスドロー。優勝プレーオフ進出を争うライバルのプーマスが翌29日のケレタロ戦で引き分けて勝ち点1を獲得したため、プーマスが7位に浮上。パチューカは9位に後退し、今シーズンが終了した。

 リーガMX初挑戦の本田は前後期を合わせて29試合に出場し10得点を記録した。今月28日には自身のTwitterで「親愛なるメキシコの皆様。自分自身の考えを少し伝えたいと思います。僕はパチューカから退団する可能性がありますが、その原因は金銭的なものではなく、現時点でクラブと金銭面での交渉を行ったことは1度もありません。1年前にクラブと契約した時、僕は既にこのような決断をしていました」と1年契約満了後の退団を示唆。アトラス戦がパチューカの一員としてのラストマッチになる可能性が高まった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO