2018.04.30

長友、勝ち点1差の直接対決で先制点をアシスト!大一番でチームの首位堅守に貢献

ガラタサライ
長友(右)は先制点をアシストし、チームの勝利に大きく貢献した [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スュペル・リグ(トルコ1部)第31節が29日に行われ、ガラタサライベシクタシュが対戦した。

 現在勝ち点63でリーグ首位に立つガラタサライと、勝ち点62で同3位につけるベジクタシュの直接対決となる一戦。優勝争いを占う上でも重要な大一番で、スタメン出場を果たした長友が存在感を発揮した。

 22分、斜めに走り込んでペナルティエリア内でパスを受けた長友がゴール前にグラウンダーのクロスを送ると、ゴール正面に駆けてきたフェルナンドがそのボールに合わせてゴールネットを揺らし、長友のアシストによってガラタサライが大一番で先制に成功した。

 64分にベシクタシュのドゥシュコ・トシッチが退場処分となったことで、ガラタサライは数的優位を得ることに。そして、69分にはペナルティエリア内でボールを受けたガリー・メンデス・ロドリゲスがグラウンダーのシュートを右足でゴールに突き刺し、ガラタサライがリードを2点に広げた。

 試合はそのまま2-0で終了し、直接対決で完封勝利を収めたガラタサライが大きな勝ち点3をつかみ取り、首位の座を守っている。先発メンバーに名を連ねた長友はフル出場を果たし、先制点をアシストしてチームの勝利に大きく貢献している。

【スコア】
ガラタサライ 2-0 ベシクタシュ

【得点者】
1-0 22分 フェルナンド(ガラタサライ
2-0 64分 ガリー・メンデス・ロドリゲス(ガラタサライ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る