2018.04.28

マラドーナ監督、UAEの2部クラブを辞任…1部リーグ昇格に導けず

ディエゴ・マラドーナ
アル・フジャイラの監督を辞任したマラドーナ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が27日、UAE(アラブ首長国連邦)2部リーグに所属するアル・フジャイラの監督を辞任した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 マラドーナ氏は、2017年5月にアル・フジャイラの監督に就任した。1部リーグ昇格を目指していたものの、27日に行われた試合に引き分けて昇格の可能性が消滅。これにより、辞任を発表した。

 マラドーナ氏は1960年生まれの57歳。現役引退後は2008年から2010年にかけてアルゼンチン代表を指揮したほか、2011年5月から2012年7月まではUAEのアル・ワスルで指揮官を務めた。昨年、約5年ぶりに指導者に復帰していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る