2018.04.13

レアル&ユーヴェから関心…ゼニトMFパレデスが喜び「W杯後に決断を」

パレデス
レアル・マドリード、ユヴェントスという強豪からの関心が噂されるパレデス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゼニトに所属するアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスが、自身に寄せられるビッグクラブからの関心に対する喜びを語った。フランスメディア『RMCスポーツ』がインタビューを伝えている。

 ゼニトで今シーズン、リーグ戦23試合に出場し3ゴールを記録しているパレデスにはレアル・マドリードとユヴェントスが獲得に興味を示しているとされる。

 パレデスはこの噂にも「レアル・マドリードとユヴェントスからの関心に嬉しく思っているよ」と素直に喜びを語ったが、「この噂が僕の気をそらすことを望んでいない。ワールドカップの後、僕は決断を下すつもりだが、それは簡単なことではないよ」と決断を急いではいないようだ。

「全ての選択肢を考慮する。僕は若いが、レアル・マドリードのようなビッグクラブでプレーする準備はできているよ。トリノに多くの友人がいるが、レアル・マドリードのチャンピオン達に囲まれる環境が僕の成長を助けると思う」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る